スカウトされるフリーエンジニアを目指す道

フリーエンジニアが将来性を考えて仕事をしていくのであれば、目標としてスカウトされる人材に慣れるよう励むという心構えが必要である。収入を得ていくためには仕事を手に入れることが必須であり、それが不可能になった時点で廃業しなければならなくなる。

仕事を見つけるためにはそれなりの苦労があるものの、それを容易にするエージェントの利用が一般的となっている。しかし、エージェントからの仕事の紹介を受けられるのも比較的年齢的に若いうちのみであり、近い将来において自分で仕事を探し出さなければならなくなるのである。

仕事の獲得に営業活動を行うことが必須になるが、継続的に仕事を手に入れていくというのはそれほど容易な道ではない。営業活動に時間をとられるようになるとフリーエンジニアとしての生産性も低くなる。その結果、納期の短い仕事を請けづらくなったり、担える仕事を増やすためのスキルアップに費やせる時間がなくなったりしてしまう。

そのため、将来性を考えて、仕事が豊富にある若いうちに企業からの信頼を得てスカウトされるような人材になることが重要となるのである。
スカウトされるようになるためには技術力の高さだけは不十分であることに留意しなければならない。建設的に仕事に携わってくれる人材は重宝されることから、ただ要求通りに依頼をこなすのではなく、クライアントの想定外の提案をしてよりよいものを生み出す姿勢を伝えていくことが大切である。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です